ナンバMG5

『ナンバMG5』猛と剛の特攻服(特服)の文字はなに?なにが書いてある?【ネタバレ紹介】

『ナンバMG5』兄・猛(満島真之介)の黒い特服と、剛(間宮祥太朗)の白い特服にはそれぞれなにが書いてあるの?特攻服ワードまとめ!

難波家伝統の特服の文字はいったいなに?

『ナンバMG5』もいよいよ最終章へ!
ここへ来て難波家に不穏な空気が立ち込める予感ですね。
でも大事な修羅場、なのかもしれませんね。
年頃の男の子は自分からは滅多に気持ちを出したりしないし、親もあまり深く探りまわらないほうが良い。
そんなどこでもあるような、すれ違う家族たちにとうとう向き合うときが!!!
ヤンキー一家に育ちながらもそれ以外の可能性に気づく難波剛(間宮祥太朗)はやはり頭が良いし、運動神経のみならず多才でもある。
難波家譲りの肝も据わって、人望もある。
そんな息子の開けた将来を喜ばない親はいない!…はず!?
ここはきちんと向き合うべき、話し合うべき、ぶつかるべきですね。
大事な局面です。

今回はそんな難波家伝統の特攻服に注目してみました。
両親がこしらえた伝統の特服です。
市松高校(だと思っている)の剛は白。
城南高校(だった)兄の猛は黒を着用しています。

マスクの「殺」とか「愛」とかは母(鈴木紗理奈)と妹(原菜乃華)が作っていましたが、この特服の文字チョイスはだれなのでしょうね。明らかにはなっていませんが、母親かな?
どんなチョイスなのか、そのワードたちを拾ってみたいと思います!!

 

難波剛(間宮祥太朗)の特服の文字はこちら!

剛は左腕に喧嘩上等
右腕に御意見無用
右胸ポケット上に押忍
左胸ポケット上に神風
左胸に気合
右胸に根性
左腿に仏恥義理(ぶっちぎり)
右腿には俺がやらねば誰がやる
泣いてくれるなおっ母さん 咲かせてみせます男花
背中には天下無敵

 

兄・難波猛(満島真之介)の特服の文字はこちら!

猛は左腕に唯我独尊
左胸ポケットに神風
右胸ポケットに押忍
左胸に特攻
右胸に仁義
左腿に疾風迅雷
右腿には鳴かぬなら殺してしまえホトトギス
背中に悪鬼羅刹(アッキラセツ)

 

 

ちなみに第1話で登場した家族説明の際、
猛が高校在学中に関東制覇したときの記念写真?が映りました。
並んで映る仲間たちと猛の前には大きな旗。
その文字には、
唯我独尊
魔愚南無

の文字。
読み方はおそらくまぐなむ?

ひらがなを振るのは野暮ってものですね(笑)
以上、特服文字まとめでした!!!

こちらの満島真之介さんのツイッターのお写真で隅々まで確認してみたくなりますね!!!!