レンアイ漫画家

『レンアイ漫画家』鈴木亮平&吉岡里帆ドラマに原作はある?漫画?小説?どんな作品?刈部まりあってだれ?【原作紹介】

『レンアイ漫画家』鈴木亮平さん主演の新ドラマ・原作本はどんなもの?マンガ?刈部まりあとは?

ラブコメディドラマ「レンアイ漫画家」に原作はある?

2021年春の新木曜ドラマ『レンアイ漫画家』について調べてみたいと思います。
主演の鈴木亮平さん、なんと民放連続ドラマでの単独主演は今回が初なんだとか。
なんだかそんなふうには思えませんでしたよね。
たくさん出演されている有名なかただし、主演作もたくさんお持ちなので、初とは思いませんでした。今回王道ラブコメディを突き進む主人公を演じる鈴木亮平さん、楽しみすぎる!
ということで、このドラマの原作について調べてみました。
このお話のもとの作品はあるのでしょうか。こちらです!!

 

「レンアイ漫画家」は山崎紗也夏さんによる大人気コミック。
2010年〜2012年発表の漫画で、単行本全5巻、全50話からなる作品。
作者の山崎紗也夏(やまざきさやか)さんは、1974年8月1日生まれの漫画家。
栃木県那須郡出身。
夫も同じく漫画家の泉晴紀氏。
『レンアイ漫画家』ののちに作られた作品『サイレーン』は2015年にテレビドラマ化されている。山崎紗也夏さん作品のうち、映像化されているのは
『はるか17』、『シマシマ』、『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』に続き、『レンアイ漫画家』が4作目となる。

 

 

人付き合いが苦手な引きこもり天才漫画家・刈部清一郎(鈴木亮平)は、外出もせず、人と関わることもしないが、その腕一つで大ヒットを飛ばしまくる。
「刈部まりあ」という女性名を名乗り、少女漫画家として人知れず大ヒット連載を続けている。
アシスタントもつけない、孤高の天才がある女性・あいこと出会うことで、その謎なプライベートの日々が崩れていくことになるが…!?
という王道をいくラブコメディドラマだそうです。
悪いオトコにばかり引っかかりがちなアラサー女子・あいこ(吉岡里帆)とどんな掛け合いを見せるのか、二人の成長していく姿にも注目していきたいところです。
不器用な大人たちのラブストーリーとても楽しみです!
鈴木亮平さんのドラマ見ていると大抵惚れてまうやろ〜になるから今回もおそらく必至。

原作漫画とともに注目していきましょう!!