極主夫道

『極主夫道』龍(玉木宏)行きつけのスーパー店員・おかっぱヘアの三宅亮を演じているのはだれ?芸人?【キャスト】

『極主夫道』龍(玉木宏)御用達のスーパーマーケットで働く店員・三宅亮役を演じている俳優さんはだれ?浦安鉄筋家族のはるお??ことばドリル?

ヤクザに絡まれる?店員役には本多力(ほんだちから)さん!

 

この投稿をInstagramで見る

 

押忍🙏スーパーの店長・三宅、インスタに降臨!早速、雅に絡まれてる #極ヤバ な展開!? と思いきや カメラを向けると二人ともプロの笑顔。 このスーパー、見た目がいかつい人がひっきりなしに現れますので、覚悟の上ご来店お待ちしております。 #こんなイケメンに絡まれたら #怖いとかいう前にイケメンすぎることにまずビビるよね #もっと叱ってください的な #すみません取り乱しました #店長アドリブしまくりで #脚本家がスーパーのシーン見たら #結構笑っちゃうレベルでセリフ変わってるよね #三宅役の本多さんに代わってここで謝っておきます ―――――――――――――――――――― #極主夫道 #‪10月11日‬よる‪10時30分‬スタート #テレビ #ドラマ #テレビドラマ #日曜ドラマ #玉木宏🕶 #川口春奈👮‍♀ #志尊淳🐶 #古川雄大🚨 #玉城ティナ☕️ #MEGUMI #安井順平 #田中道子 #白鳥玉季🌻 / #橋本じゅん #滝藤賢一🐯 / #稲森いずみ👘 #竹中直人🗡 ほか #本多力 ――――――――――――――――――――

ドラマ『極主夫道』【公式】(@gokushufu_drama)がシェアした投稿 –

2020年秋の新日曜ドラマ『極主夫道』から気になるキャストを調べてみたいと思います。
本作は「不死身の龍」と恐れられた伝説のヤクザ・龍(玉木宏)が専業主婦を極める任侠コメディドラマです。伝説のヤクザが極道の世界から足を洗い、姿を消したかと思ったら、なんと専業主婦になり、作ったお弁当を毎日写真にしてSNS投稿するマメ振りを発揮。
スーパー専業主婦となっていたのだった。
そんな龍が毎日足繁く通うのがスーパーマーケット。
少しでも安いものを求め、バーゲンならばおばちゃんたち相手も厭わない。
伝説のヤクザと言われるだけあって、物事には手を抜かないし、きっちり真面目に仕事を遂行、どうやら伝説のスーパー主婦になりそうな男の主夫奮闘記です。
そこで、今回は龍の御用達のスーパーマーケットで働く店員・三宅亮を演じる俳優さんについて載せてみたいと思います。

 

演じているのは本多力(ほんだちから)さん!!
1979年6月12日生まれ。
京都府出身。
身長は168cm。
既婚者。妻は女優の田島ゆみか(2019年~)。
俳優、声優、ラジオパーソナリティも務める。
所属劇団はヨーロッパ企画。
・これまでのテレビドラマ過去出演作品

  • 『ガリレオ』第1話(2007年)大学生役
  • 『素敵な選TAXI』第10話(2014年)美容院の客役
  • 『闇金ウシジマ君3』(2016年)小瀬章(コセちん)役
  • 『家売るオンナ』シリーズ(2016年~2019年)宅間剛太役
  • 『貴族探偵』第9話 (2017年)横内刑事役
  • 『警視庁いきもの係』(2017年)矢吹役
  • 『ウチの夫は仕事ができない』第7話(2017年)加納力弥役
  • 『あいの結婚相談所』最終話(2017年)長田達夫役
  • 『トットちゃん!』(2017年)児玉久興役
  • 『コンフィデンスマンJP』第6話(2018年)考古学マニア役
  • 『チア☆ダン』(2018年)杉原正道役
  • 『俺の話は長い』(2019年)薗田拓斗役
  • 『知らなくていいコト』(2020年)東山秀則役
  • 『浦安鉄筋家族』(2020年)大沢木晴郎役
  • 『女子グルメバーガー部』第7話(2020年)片寄役
  • 『極主夫道』(2020年)三宅亮役

 


・映画出演作品

  • 『サマータイムマシン・ブルース』 (2005年)田村明役
  • 『そのときは彼によろしく』(2007年)松岡郁生役
  • 『フライング・ラビッツ』(2008年)
  • 『しあわせのパン』(2012年)郵便屋さん役
  • 『ゆれもせで』(2012年)
  • 『コドモ警察』(2013年)
  • 『サムライフ』(2015年)ディレクター役
  • 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016年)
  • 『食べられる男』(2016年)
  • 『ジャンクション29』(2019年)加藤正役
  • 『前田建設ファンタジー営業部』(2020年)チカダ役
  • 『ドロステのはてで僕ら』(2020年)イシヅカ役

・Eテレ出演

  • 「銀河銭湯パンタくん」(2013年~)パンキチ(声)
  • 「おはなしのくにクラシック」(「宇治拾遺物語わらしべ長者」)
  • 「デザインあ」(「シンプルマーク」)
  • 「ことばドリル」(2014年~)

 

『浦安鉄筋家族』楽しかったなぁ!!
大沢木家を、ひいては地球をも守ってましたんもんね、はるお。
準家族の身分ながら全世界を守ってくれてました、自らの発明品で。
しかし、みんなからの扱いがひたすら酷い。しかしまたそこがとても良かったです。
はるおが見たくて浦安、楽しみにしてました。過言ではない!!
晴郎が一回ビンタされるたびに、(見ているこちら側の)全身に入っていた力がふわっと溶けてなくなるんです。
晴郎が悲惨な扱いをされるたびに、「ふふっ」となって(私たち視聴者の)肩の力がふわっと軽くなるんです。
そういう役目を晴郎は実は、担ってくれていたんです(笑)。
だからあのドラマはとても楽しい時間で、必要な時間でした!!
そしてすべてを平穏に保ってくれていたのはつまりは、はるおだったのです。
いやぁ、『浦安』シリーズ化してほしいところですね。ビンタ祭りですが。

ということで、『浦安』の話になってしまいましたが、今回は『極主夫道』です。
不死身の龍(たつ)が足繁く通うスーパーマーケットの店員を演じます。
またここでも扱いが酷いのでは、と予想されなくもないですが、期待している感も否めません。いったいどんなキャラクターなのかとっても楽しみです。
きっとちょこちょこ登場するであろうレジ店員・三宅に注目していきましょう!!