2019年01月期

『3年A組』第5話ネタバレ・諏訪唯月(今田美桜)の真実とは!!

『3年A組~今から皆さんは、人質です』第5話ネタバレ・ベルムズの喜志と繋がっていた諏訪唯月。なにも知らなかった彼女の罪とは??真実とは??

諏訪唯月(今田美桜)が握りしめているペンダントの真実!!

オモシロくなってきましたね!!
大本命の『3年A組』もいよいよ第1章完結!?
今回の第5話では持病により倒れた担任・柊一颯(菅田将暉)が意識を失っているうちに3Aの結束?で美術室をこじ開け、スマホを取り戻したり、死んだと思っていた仲間たちと再会できたり、なかなか展開が進みました。
しかし「景山澪奈(上白石萌歌)」の件については謎が深まるばかり。
柊の指示で「ベルムズ」を張っていた郡司警部補(椎名桔平)は半グレ集団「ベルムズ」のリーダーK(喜志/栄信)を捕まえ、アジトを確認。
第4話では景山澪奈のドーピング疑惑のフェイク動画を作ったのは「ベルムズ」だったと判明していました。
郡司は「ベルムズ」の「フェイク動画」を高い金で売るための「顧客リスト」のありかを問い質すも喜志はにやりとするだけ。
そして3年A組の教室では喜志からもらったペンダントを握りしめる諏訪唯月(今田美桜)の姿が。

諏訪唯月の告白!彼女の真実とは!!

先の長くない柊の命がけの授業で唯月は真実を語り始めました。
お前は間違っていない、そう背中を押された唯月。
ずっと不安で、間違っているかも、そう思っていてももう戻れなくて、何もなくなる自分に戻るのは考えただけで怖くて、もう引き返せなかった。
そんな迷いながら生きて来た自分を間違っていない、と柊から肯定された唯月。
涙が止まらない唯月はあのペンダントを投げつけました。
割れたペンダントの中にはSDカード。
これが中に入っていた事はずっと知っていたという。

しかし結論から言うと、唯月は決定的なことは本当に何も知らなかった。
彼氏である喜志がやたら澪奈のことを聞いてくることも思い当たったし、自殺したことも何故か知っていた、あれって実は、となにか言い掛けたことも思い出せる。
しかし唯月はなにも聞き出すことはしなかった。
喜志もそれ以上なにも言ってはこなかった。
みんなが澪奈を褒めたたえる。ステージに上がるのはいつも澪奈。
みんなの賞賛と拍手を浴びるのはいつだって澪奈。
顔を見るのもうんざりだった。みんなが澪奈、澪奈、澪奈、澪奈。
あんなやついなくなればいいとも思っていた。
学校以外でも口に出すなんて考えたくもないほど。

こっちは読者モデルになるのに必死だった。
芸能事務所の支度金に200万が必要だった。
そこでベルムズのリーダーKと出会った。
どうしてもお金が必要だった。
彼氏だとか恋とか愛とか、好きかどうかなんて分からなくても、人脈のある喜志のお陰で唯月はモデルとして成功をつかみかけていた。正々堂々自分自身の力ではなくても、このままいけばみんなが羨む場所まで行けるかもしれない。喜志が裏でなにをしているかなんか正直知らないし、といただす気はない、唯月は自分のことで精いっぱいだった。

でも、渡されたこのペンダントにSDカードが入っている事はずっと気付いていた。
これがなにかに関係しているものだということにもうすうす気付いていた。
でも知ろうとはしなかった。
それが最大の罪だったのかもしれません。
そしてこのSDカードの中に入っているデータこそが「フェイク動画顧客リスト」だった。
そしてそこで新たな真実が!
なんとその顧客リストの名前の一覧の中に「魁皇高校教師hunter」の名前が!!?
という展開で第5話は幕を閉じました。

*************

諏訪唯月(今田美桜)はいつもイライラしているイメージの子でしたよね。
謎が解けた気がしました。
毎日葛藤していたのかな。
明らかに喜志たちがやばい集団であることは気付いていたでしょうし。
でも直接それが自分たちに、高校生に、澪奈に、関係してくるとは夢にも思っていなかったでしょう。
そんな表情で精神状態でよくカメラの前で笑顔を振りまけていたなぁて思いますけど。
いつも眉間にしわが寄っているから(笑)!!

第5話で明らかになった真実とは!!

しかし新たな真実が色々と浮き彫りになりましたね。
ベルムズと繋がっている魁皇高校教師がいたとは!!
しかもこれは相手が「たまたま景山澪奈」だったたけで、事件はまだ終わっていない!
魁皇高校の教師が繋がっている以上、第2、第3の犠牲者が出る可能性があると言う。
みんなの命を守るため、監禁という形を取り、真実を解き明かしていこうと考えた。
しかしこれもまだまだ謎が多く、「魁皇教師」を名乗っているだけで真実は分かりませんよね。元関係者かもしれないし、知り合いが魁皇教師にいるだけで一般人かもしれないし(笑)。

ベルムズが登場したり、教師が登場したり、純粋に「3年A組」じゃなかったんですね。
「3年A組」VSぶっきーの闘いだとばかり思っていたのですが、「3年A組」+ぶっきーVS真犯人(魁皇高校教師)な展開だったのですね。
目立ちたがりの武智先生(田辺誠一)が世界中の気を引きたくてわざわざ事件を定期的に起こしたがる的発想は安易すぎますよね。
第1話の最初の爆弾でめちゃくちゃ動揺していて、どうしようどうしよう!っておろおろしていたヘタレでしたもんね(笑)。
う~ん、謎が深まる!!!!
でも生徒たちみんながぶっきーの仲間になってくれてなんだか嬉しい!
病に倒れながらたった一人で闘うには敵が多きすぎる。
だからみんなが味方になってくれて、ぶっきーを信じてくれてすごく良かった第5話でした。

ちなみに魁皇教師の真犯人考察はこちら!!

あわせて読みたい
「3年A組」フェイク動画を依頼した魁皇高校の教師は誰かを考察「3年A組」フェイク動画を依頼した魁皇高校の教師は誰かを考察 「3年A組」の第5話が終わりました。 第一部がクライマック迎え、一段落...