漫画

小学校1年生・2年生・3年生の女子にオススメな雑誌一覧!

小学校1年生・2年生・3年生の女子にオススメな雑誌一覧!

小学生の女の子に本を買ってあげる時って案外難しいんですよね。
子供っぽすぎるのもつまらないし、大人っぽすぎるのもつまらない…。
親としては教育に悪そうなものは読ませたくないし…。
小学校1~3年生って非常に微妙な年齢なんですよね。

そこで!小学校1~3年生の女子が喜ぶ雑誌を調べましたのでご紹介します。

小学校1~3年生の女子にオススメの雑誌一覧!

キラピチ

学研が発行する女子小学生向けの雑誌です。
内容はオシャレ・マンガ・ディズニーやサンリオのキャラクターものの特集がメインで、かわいい付録もついています。
小学校4年生以上でも十分楽しめる内容だと思います。

Aneひめ

講談社が発行する「たのしい幼稚園 ひめぐみ」の小学校1~3年生向けバージョンです。
雑誌自ら「小学校1~3年生向け」を謳っているだけあって、その年齢の女の子が喜びそうな内容です。
ついてくる付録は「マニキュア」であったりオシャレを意識したもので、親からすると「少し早いんじゃない?」なんて思われるかもしれませんが、最近の女の子は本当にオシャレですから、こういう付録がすごく喜ばれます。

ぷっちぐみ

小学館が発行する小学校1~3年生の女子向け雑誌です。
ぷっちぐみいわく「女のコざっし人気ナンバー1」とのことで、一番人気らしいです。
内容はマンガやサンリオ・ゲーム・テレビ番組の情報がメインです。
最近は「マジマジョピュアーズ」というテレビ番組を流行らそうと必死過ぎて、「マジマジョピュアーズ」が好きな子じゃないと楽しめないんじゃないかと思います。
付録も「マジマジョピュアーズ」のものが度々ついてきますしね。

キャラぱふぇ

角川が発行する、女の子が好きなキャラクターを集めた雑誌です。
すみっコぐらしやコウペンちゃんなど、絶対間違いの無い女の子に人気のキャラクターの記事がたくさん載っています。
付録もすみっコぐらしのものであったり、どれもとっても可愛いです。
でも、正直小学3年生くらいになってくると、この雑誌は少し子供っぽく感じると思います。
恐らくメインのターゲットは幼稚園年中さん~小学校2年生くらいじゃないでしょうか。
逆にコレくらいの女の子にはとっても喜ばれること間違いなしです。

小学1年生

小学館が発行する、その名の通り小学1年生のための雑誌です。
今まで紹介した他の雑誌は「遊び」がメインですが、「小学1年生」は「遊び」と「学び」が程よくミックスされた内容となっていて、楽しみながら知識も得られる良い雑誌だと思います。
ただ難しいのは、「子供が読みたい本」と「親が読ませたい本」とは必ずしも一致しないもので、正直今まで紹介した本のほうが子供は喜ぶものと思われます。

ちゃお

小学館が発行する漫画雑誌です。
「最近の少女漫画は過激な描写が多い」という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、ちゃおにも「キスシーン」などが存在します。そのため、お子さんに読ませるタイミングには注意したほうが良いでしょう。
それでも同じ少女漫画雑誌である「なかよし」「りぼん」よりは対象年齢が低く設定されていますので、3年生位から読ませるには良いのではないでしょうか。

まとめ

お子さんやお孫さんに雑誌を買ってあげたいとなっても、どれを買ってあげたらいいかって案外難しいんですよね。あまりにも対象年齢を外すと全く楽しめないですし。
この記事が皆さんの本選びの参考になれば幸いです。