テレビ

【2018年】紅白歌合戦『lemon』米津玄師の曲に登場した女性ダンサーはだれ??

2018年・平成最後のNHK紅白歌合戦・徳島県の美術館から生中継だった、初出場の米津玄師「lemon」で登場した白いドレスの女性ダンサーはこの人だった!!

2018年の顔と言えば米津玄師!!テレビで初!生歌唱!!その時に踊っていた女性ダンサーは菅原小春さん!!

 

View this post on Instagram

 

我らのスーパースター!Foorin

Koharu Sugawaraさん(@kokokoharu)がシェアした投稿 –

菅原小春(すがわらこはる)さん!!
別名義はKOKO。
1992年2月14日生まれ。
千葉県山武市出身。
身長は170cm。
A型。
ダンサーであり、振付師。

平成最後を彩る歌の祭典、第69回紅白歌合戦。
さきほど我らが米津玄師が登場致しました!!
故郷の徳島から生中継で素晴らしい歌声が届けられました。
良かった!!この時間を共有出来て震えました!!
米津玄師が生きて、歌って、それをテレビを通してですが見届ける事の出来る幸せをかみしめることが出来る大変貴重な瞬間でした。
NHKの粘り勝ちに感謝を申し上げたいです!!(笑)

話は逸れましたが、米津玄師の歌唱の際に登場した女性ダンサーを紹介したいと思います。
菅原小春さんです!!
この時の振り付けを担当したのは辻本知彦さん。
お2人とも米津玄師さんとは長い付き合いの方達ですね。
テロップできちんとお名前が出ていました。
以前からもライブに参加されていたり、米津玄師を追っている人にならすぐに分かる人選でした。
米津玄師プロデュースの小学生ユニットFoorinによる楽曲「パプリカ」の振り付けもお2人で担当されていました。フーリンも紅白初出場していて凄い!!
菅原小春さん圧巻の舞いでしたね。突然出てきてビックリでしたが目を奪われました。

ちなみに2億声再生『lemon』のMusicVideoで祈るようなダンスをしているダンサーは吉開菜央さん。

今回は違いました。菅原小春さんでした。
菅原小春さんのダンスは激しかった。
鬼気迫る表情で静と動を魅せてくれた凄い世界観でした!!
なんというかダンサーというよりは役者感が強いダンスだなって、もうダンスというか生きざまだなって印象を持ちました。世界が違うな、と。本当に圧倒されました。
なんだかあの場面から突然出て来たことで話題になっていますが、きっと小春さんが出てきたことで米津玄師には確実にプラスになったと思いました。
右も左もよく分からない環境に置かれて緊張する中、いつもの仲間が近くにいるって心強いですもんね。
菅原小春さんの登場は米津玄師の強い希望だったんじゃないかと思っています。

本来ならば菅原小春さんのあのダンスは高いお金を払わないととてもとても見れない素晴らしいものですよね。それを米津玄師の友人ということでタダで見れちゃった私たちはまさに幸運だとしか言えません。本当に圧巻の素晴らしさでした。表情も指先一本まで凄い。
ダンサーはきっとダンスはできるかもしれませんが、菅原小春さんのあの役者感はなかなか難しいんじゃないかな、とすら思いました。
米津玄師さんも本当に良かった!!
ウッチャンや櫻井翔さんたちに中継で話し掛けられて、どこかを見て微笑みながら応えていましたが、きっと米津玄師は近くにいてこっちを見て応援している辻本さんや菅原小春さんと目を合わせて笑いあっていたんじゃないかな、と思っています。
それくらいの信頼度を持っているのは事実ですしね。
あのお2人の存在のお陰でリラックスして笑顔を見せながらお話できたのではないかと思っています。相変わらず米津玄師、話し声がイケボです!!
色気もあって、またまた話す声も低音ボイスで素晴らしく格好いい!!
微笑みまで見せていて、ミステリアスみたいに言われて、まぁそんな雰囲気感じることは感じもしますが、そんなこたあない!気さくな良いにーちゃんでした!!
やっぱり見て良かったなぁ。