2018年07月期

『グッドドクター』第4話・喋らないあかりちゃんの絵日記の内容はコレ!!【ネタバレ】

山崎賢人主演の木曜ドラマ『グッド・ドクター』身元不明だった大石あかり(高松咲希)ちゃんは虐待を受けていた!?その証拠が自由帳に記してあった絵日記だった!その詳細はこちら!!

2月18日
にちようび 天気はれ
あたらしいおかあさんができました。
あたらしいおかあさんがきて、パパがひさしぶりにたのしそうにわらいました。
パパがわらうとあかりはうれしいです。

3月25日
きょうはおかあさんとおへやのおかたづけをしました。
おかあさんがママににてるといってくれました。
うれしかったです。
おかあさんともっとなかよしになりたいです。
もっとたくさんおはなしがしたいです。

4月17日
かようび 天気はれ
おかあさんにおこられました。
さいきんのおかあさんはとてもこわいです。
もっとおかあさんのいうことをきいてちゃんとおべんきょうをしようとおもいました。
はやくいつものおかあさんにもどってほしいです。

5月19日
おかあさんにきらいだっていわれました。
あかりのたべかたがきたなかったので、おこられてしまいました。
おかあさんはあかりのめがだいっきらいです。

「その目でこっちを見ないで、嫌いなんだよねあんたのその目。ママに似たその目が。」
母親の怒号が響く。

パパはいつかえってくるのかな?

6月8日
おなかがすごくいたいです。
おかあさんにいおうとしましたが、いえませんでした。
おかあさんはあかりのこえがききたくありません。

6月22日
パパがしゅっちょうからかえってきました。
おかあさんはパパにはやさしくしてくれます。
パパもわらってたのしそうです。
パパとおかあさんのじゃまをしないように、あかりはしずかにしていました。

7月2日
げつようび 天気くもり
またパパがしゅっちょうにいきました。
おかあさんがいいました。
あかりはジャマです。
だからパパはかえってきません。
あかりがいなくなればパパはかえってきてくれます。
スポンサーリンク

*************

お父さんが気付いてくれて本当に良かった。
真っ先にあかりちゃんを守る行動を選んでくれて本当に良かった。
育児は本当に大変だし、血の繋がらない子を育てる苦悩は本当に大変だと思う。
血の繋がった我が子でも、毎日毎日可愛いって思うのにきくつ当たってしまうこともある。
酷い言い方をしすぎたり、怒り過ぎたり。言い過ぎだって頭では分かってても止められなかったり、本当の親だって毎日みんな反省してる。
自分の思い通りには決してならない、一人の人間を前にして毎日接し方に悩んだりする。
今回の新しいお母さんはひどいものだったけど、真面目すぎる人ほどこの問題には直面する気がする。
父親を愛しているからこそ前妻の存在に苦しんでたのかもしれないし、もともとこういう人だった可能性もあるけど。
でもやはりそこは間違ってはいけないんですよね。なにがあっても許されないんですよね。
人を育てているんですよね、社会に出て行く「人」を育てるんです。責任は重いんです。
自分も反省しながら見ていました。
ご飯をちゃんとあげていても、住む家や温かいお洋服を与えてもダメなんです。
心を殺してはいけないんです。気持ちを押し殺させて、良さを奪ってしまってはいけないんです。
自分のストレスのはけ口にしてあかりちゃんにすべてをぶつけてストレスを与えて心も、体も、傷つけさせていた罪は重いです。
見ているのが辛かった。
最後に自分の気持ちが言えたあかりちゃん本当に良かった。
子どもたちは本当に色々な事をよく見てる。
毎日大変そうに、でもあかりちゃんのために頑張るお父さんの辛そうな姿も、大きな愛情も。
分かりすぎるほど感じていたから今度はパパを楽にしてあげたかったんだよね。
今度は自分が我慢をしてでもパパが少し休む番、そう思ったあかりちゃん、本当にすごい。
優しさも強さも、素直さも全部持ってる、素敵な女の子。
こういう子供たちを守っていくのは大人の仕事、使命、本当にそうもう一度強く感じた重いお話でした。