コウノドリ

『コウノドリ2』母体死亡の原因はなに??「甲状腺クリーゼ」!!?【ネタバレ】

『コウノドリ2』第6話に福田麻由子登場!母体死亡の原因はなんだった??「甲状腺クリーゼ」だったことが判明!!

35週の妊婦・神谷カエ(福田麻由子)。
結婚式を控えた初妊婦。
切迫早産でこはる産婦人科に入院中だった。
ヘルプでこはる産婦人科に行った下屋加江(松岡茉優)は同い年で同じ名前の神谷と親しくなる。
神谷カエの激しい手の震えが気になった下屋。
しかし張り止めの点滴の副作用などもあるため一概には何とも言えないもの。
なので下屋はそれ以上深くはツッコまずヘルプの期間が終わる。
こはる産婦人科の医師に下屋は最後、神谷の手の震えから甲状腺の検査を匂わしてみるが、医師たちはあまり気にしていない様子。
そしてペルソナに戻ってきた下屋のもとへ、ある緊急搬送の連絡が。
なんと心停止の状態の神谷カエの姿だった。
状況を見た鴻鳥サクラ(綾野剛)は「甲状腺クリーゼ」ではないかと言う。
それを聞いた下屋はなんであの時もっと自分が甲状腺の検査を強く勧めなかったのか、と自分責める。

結局神谷カエは帰らぬ人に。
その後のカンファレンスで、症状や血液検査などから甲状腺クリーゼだったという診断が下される。
それによって急激な心不全、肺水腫をきたした。
そしてペルソナ総合医療センターに搬送途中、心停止となった。

甲状腺機能亢進症の症状は動悸や頻脈。
それらは妊娠時にはよくあるもの、切迫早産で入院後にさらに状況が悪くなっていたようで、正常範囲内だと四宮(星野源)。
「収縮抑制剤の副反応の範囲内と判断したのだと思います」
ぶっちゃけ見落としじゃないの~?、と仙道救命外科部長。
神谷カエを救えなかった事の十字架が大きく重く下屋にのしかかる。

そして下屋はある決断をする。

*甲状腺クリーゼとは、甲状腺機能亢進症を持つ人1~2%のみに現れることがある非常にまれなもの。
心拍や血圧、また体温が危険なほど上昇する。
積極的な治療が迅速に施されない場合、甲状腺クリーゼは、多くの確率で、死に至る。

この事から下屋先生は「救命科」に異動を申し出ます。
まずは命を救うための技術を手に入れるため。
いざという時でも、最善の手を尽くしたと言い切れる自分で居られるように。
これからですね。下屋先生短い髪の方が良いよ!

次の小松さん(吉田羊)の回、見るのきつそうな重い話ですね。