漫画

いくえみ綾実写ドラマ『あなそれ』原作マンガ2巻あらすじ&ネタバレも!?PART2

いくえみ綾実写ドラマ・波瑠主演の『あなたのことはそれほど』原作漫画の②巻あらすじ&ネタバレも!? その2


4月スタートの火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』を記念して、原作漫画②巻のあらすじ&ネタバレ??です。
こちらは②巻のPART2です!

Section.8

会社の昼休み。愛妻弁当を食べながら美都に電話で説教をしている有島光軌。
「ルール違反だ!こういうものはお互い「暗黙の了解」ってのがあるもんだろう!」
ごめんなさい、と美都。
誕生日の前日に二人で過ごせるのが嬉しくて本当に楽しみにしてたから。
ちょっとやけになってたのかも、と反省を述べる美都。
俺も悪かったよ、と電話の向こうの有島の声。
あの日以来、異様な(?)穏やかな(?)二人の生活を送る美都と涼太。
穏やかだが不自然さが見え隠れする笑顔が張り付いたままの涼太。
初めての結婚記念日と私の三十路の誕生日に夫からプレゼントされたもの、それは笑えないほどの「大きな永遠の愛」。

一方有島家の食卓。旧姓は三好っていうんだけど、確かに懐かしかったなぁ、と麗華に話す有島。
「陶芸教室ってこないだ一人で取りに行ったところだろ?」
土のついた手で亜胡に触ろうとしたから思わず抱き上げちゃった、と話す麗華。変なやつだな、と有島。
「陶芸って流行ってんのかねぇ」
興味あるの?こないだ玄関の香台撮ってたから、と麗華。
「………」
その日の夜、ベランダに出て有島は「三好物産」あてにしばらく会わないでいよう、とメールを送る。
受信した三好物産は動けずにいた。
しばらくってどのくらい?
その言葉は声になれず、消えた。
翌日、美都を家に残して出掛けて行った涼太。
話しかける美都を振り切って1人で早々に行ってしまう。
一方、有島は妻の麗華と、愛娘の亜胡と公園に来ていた。ママ友と話し込んでいる麗華。がっつり寝ている亜胡。
少し離れたベンチに座った有島は「三好物産」からの熱烈着信に目を閉じていた。
電話を麗華に指摘されるも日曜日は出ない、と言い切る有島。するとまた着信が。
麗華に促されイヤイヤ電話を取ったが、出るとすぐに切られてしまった。
有島が立ち上がって話をしていると後ろから男性がやってきて2人はぶつかってしまう。
その男性は持っていた飲み物を落としてしまう。お互いに謝り合う有島とその男性。
帽子を深く被り、眼鏡をかけたその男性は亜胡をしきりに可愛い可愛いと言った。
飲み物がダメになってしまったために、一緒に近くのカフェに向かう事になった有島とその男性。
歩いているとその男性は後ろから口を開いた。
「ほんとに、頑張ってるんですけどね」
幸せそうで羨ましいなぁ、ねぇ有島さん、と男性は言った。振りかえる有島。
妻は子供嫌いで、子作りは努力のしようもありません。お幸せに。男性はそう一人で言って去って行った。
いつからかずっと鳴っていた着信に気付き、呆然としたまま電話を取る。
画面には「三好物産」。
うちの夫がもしかしたらそっちに、有島くんちに行ったり…あのひと全部知ってるの、私たちのこと、と美都はまくし立てる。
「…もうやばいわ、これ。終わろう」
有島は呆然としたまま言う。
うちひしがれる美都。
髪型を短く切ってイメチェンして帰ってくる涼太。
涼太の張り付いたままの笑顔を問いただす美都。
なんかおかしい、こんなことがあったのにどうして笑ってるの?もっとなじったり、話し合いするべきじゃないの?
「僕は別れないよ、なじるのも話し合いも別れるためにするというなら無駄だ。それよりもこれからをどう楽しくやっていくか、そういう話し合いならしたいけどね」
美都は涼太の「永遠の愛」の向こうに狂気を見る。
風呂場で考え込む有島。つい独り言で「こえぇ~」と口に出してしまう。
洗面所にいた麗華に聞かれていた。「なにが怖いの?」
何も返さない有島。
「ねぇ、今日の人、わざとぶつかって来たよね?」

別れる最後に一度だけ、と会う約束をする美都と有島。
しかし、会ってそうそう「別れないわよ」の言葉を投げつける美都。
「詐欺だな」
奥さんの勘の良さが超怖い、と嘆く有島。
「これからをどう楽しくやっていくか」
美都は有島の隣で、前を見据え、考える。

Section.9

お忍びで来たいつかの有島と美都だけの一泊温泉旅行。
素敵な景色や美味しい料理、有島との混浴露天風呂を堪能した美都だった。
「友達と」温泉旅行。
その「友達」役を仰せつかった美都の友人、香子は会社の帰りに、偶然街中で涼太に呼び止められる。
畳み掛けて話し続ける涼太に、いたたまれなくなった香子は、涼太の話しを遮る。
私は温泉楽しくはなかったです、ちっとも。ごめんなさい、と。
その後香子からメールが届いた。そこには、もう二度と私を巻き込まないで。あんた本当にありえない、の文字。
それからというもの香子との付き合いは途絶えた。友情終了のお知らせだった。
家では今まで通り過ぎる涼太。いつもと同じように何気ない会話をし、楽しく暮らすための提案なども話す。
変わらず穏やかで優しい涼太。なのに美都の心は複雑化していく。
無意味な優しさにも、最近替えた涼太の眼鏡のふちの柄にさえ、わけもなくイライラしてくる美都。
昔よく食べていた涼太手作りのカルボナーラも。
初めて食べた時は感動すらしていたのに、今や重たい。美都には重いのだった。

②巻《完》

 

ここまでが②巻です。
最近追加キャストも発表されたようですね。
大政絢さんや中川翔子さんなども出演されるようです。
あの『逃げ恥』『カルテット』枠だそうです。
楽しい作品になれるのでしょうか。期待大ですね。
続いては③巻です!

https://gotan.club/2017/03/15/いくえみ綾実写ドラマ『あなそれ』原作漫画3巻の/