テレビ

 『逃げ恥』第6話で登場した紅茶『MARDI REPOS TEA』とは!?

 『逃げるは恥だが役に立つ』第6話で登場した紅茶『MARDI REPOS TEA』って!?


いまや飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続けている火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』!
みんな大好き、森山みくり(新垣結衣)さんと津崎平匡(星野源)さんが第6話で、ソファーに並んで座り、まったりと平和な時間を過ごした時のお供、あの紅茶の実態に迫りました!!
火曜日で、今日のハグについて気になって仕方のないみくりは、一人でテレビを見ていた津崎の様子を窺うために、紅茶を淹れて近付きます。
二人で並んで、温かい紅茶を飲み、談笑したりしながらほっと安らぎの時間をともに過ごします。
二人に流れる時間の平和さ加減にみくりが感動するシーンです(笑)。

そのとき、みくりは津崎に温かい紅茶を差し出します。
「紅茶です、ちょっと良いやつ」、と。
ちょっと良いやつ?高いやつ?どんなのかしら?美味しいのかしら?どこで買えるのかしら?
皆さん、気になりませんでしたか?
自分も紅茶ってなかなか好きなので、気になりましたよ!
紅茶屋さんで働いていた過去があるくらいでしたから。個人的な話で失礼いたしました(笑)。
スポンサーリンク

紅茶のブランド名はMARDI REPOS TEA

津崎の様子を窺いながら、みくりがチラッと見た紅茶の缶にはこうありました。

THE FINEST TEAS OF THE WORLD
MARDI REPOS TEA
SriLanka Fresh Tea
PURE CEYLON BLACK TEA
Net Weight 200g

う~ん、紅茶といったらスリランカではありますが、やっぱりわからなかった!!
ってなわけで、調べてみました!

存在しない架空のお茶

いろいろ調べてみましたが、結論から言うと、これは残念ながら実在しないもののようです。
う~ん残念!飲みたかった!!味は特定できず!!!
本場スリランカのセイロンティーなんて美味しいに決まってるのぃ~!!

でも紅茶の名前に素敵な意味が!

この紅茶は実在しないようですが、紅茶の名前にはとっても粋な意味が込められているんです!

まず、単語の意味を調べてみました。
MARDIとは、フランス語でした。
MARDIとは『火曜日』、という意味であり、
それから、
REPOS、これもフランス語のようで、REPOという言葉に常にSを付けて使用します。
REPOSERという、「休む、横になる」という動詞の名詞形であり、
REPOSとは男性名詞で『休息、休止』との意味でした。
憩い、や癒し、と訳されることもあるそうです。

つまり、『火曜日の休息のための紅茶』、というなんとも粋なネーミングを付けられたなにかしらの紅茶でした!!!

ドラマの中では、みくりちゃん、ティーバッグで淹れていたので、(ちょっと良いやつなんて話してはいたものの)茶葉より淹れやすいから普段使いでもいいなぁ~なんて思っていたんですが。
まったく、残念でした。
逃げ恥スタッフさん、小さな部分まで手を抜かない真っ直ぐさに感服です。
スタッフさんにも視聴者にも愛されているこのドラマ、大人気も頷けますね♪

 

いくつか参考にセイロンの茶葉を挙げてみました!!
美味しいですよね!これでみくりちゃんと平匡さんと一緒に火曜日はハグと紅茶だ!!