映画

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の油屋のモデルの地はここ!?

夏休みはジブリ映画『千と千尋の神隠し』三昧です!!温泉旅館「油屋」のモデルは群馬県「積善館本館」!!?

「千と千尋の神隠し」のモデルの場所は??湯屋は本当にある??


夏休みはなかなか出かける場所を見つけることができず、ビデオ三昧になってしまいました。
子供たちがジブリを楽しめる歳になってきて、私も童心に帰って一緒に見ています。

この間は「千と千尋の神隠し」を見ました。
子供たちはことあるごとにキャーキャー言ってます。
カオナシが怖かったり、ハクが竜のまま血だらけで苦しんで暴れるシーンとか、カオナシが飲み込んだ人たちを吐き出すグログロシーンとか。
トラウマになって夜泣きするじゃないか?と不安に思ったり(笑)。

『千と千尋の神隠し』とは言わずと知れたジブリ映画で、よろずの神様たちが楽しみにやってくるお風呂屋さん「油屋」での、人間の女の子「千」の奮闘劇です。
毎回ジブリの作品は声優陣に芸能人を使うことが多く、声で芸能人のだれの声かを当てるのかが自分的には楽しみの一つになっている今日この頃です。
久し振りに見るので誰がどの役をやっているのか毎回忘れてて(笑)、聞いてから、あ、湯婆婆は夏木マリだぁ~!とかカエルは我修院だぁーとか(笑)。
子供達とはまた違った楽しみ方で大人も楽しめますよね。

でもよく思うのはジブリの主人公たちはよくすっ転ぶなぁ~ってこと。
なんでここで転ぶの?って所で転んだりして。
昔はこんなシーン、なんてことなく見ていたのですが、隣でうちの子供たちもなにもない場所で平気で滑って転んでる…
え? なんで? そこで転ぶの?

…………。

やっぱり宮崎駿って、すごいいいいいいーー!!!

シナリオであったりキャラクターの魅力もさることながら、ジブリアニメのすごいところって、キャラクターの何気ない動きなんですよね。
イキイキ動いているというか、生命を感じる動きというか。
色々なことをよく観察していることがとてもよくわかります。

子供らしさもあるし、臨場感や迫力もあって、子供たちは釘付けです。
見終わったうちの子たちの今の流行りはもっぱら「遊んでくれないと泣いちゃうぞ」ばっかりです。
まさかの坊ちゃんでした!!

あのモデルになってるという温泉旅館行ってみたいなぁ!
影響を受けたりイメージモデルとして参考にされた場所はいくつかあるみたいですが、関東圏なら群馬県の「積善館本館」でしょうか。
行けば千と千尋の世界観に浸れそう!
スポンサーリンク

「千と千尋の神隠し」モデルの温泉旅館はここ!!?

群馬県にあります「積善館本館」さんです!!
こちらのマップからのお写真の中の右側の看板に、紹介が書いてありますね。
しかしモデルの旅館にはいろいろと諸説あるらしく、いくつか複数の旅館から影響を受けていると思われるので、ここのみとは言いにくいようです。
しかし確実にこちらからもインスピレーションを得たようですね。
あの赤い橋、千尋とハクを思い出させますよね!!
行ってみたくなりますね!

ちなみに声優陣をまとめてみました!!
良かったらこちらも覗いて見て下さい!

『千と千尋の神隠し』の声優はだれ??ハクの声はだれ?俳優??カエルは我修院??【キャスト紹介】宮崎駿映画『千と千尋の神隠し』豪華・声優陣一覧まとめ!!ちひろの声は??ゆばあばは??神木隆之介もいるの??声の出演を一気にご紹介!! ...