ゴータンクラブ

ドラマを中心に楽しいこと役に立つことをまとめてます!

*

テレビ

『逃げるは恥だが役に立つ』最終話で登場した壁掛け時計はコレ!!

『逃げ恥』インテリア 最終話で登場した壁掛け時計はこれ!!

終わってしまった!!『逃げ恥ロス』中の皆様へ朗報!

まだまだ『逃げ恥』の余韻に浸っていたい方は多いのではないでしょうか?
これからは、津崎とみくりと共に過ごせる火曜日がもうやって来ないなんて、にわかには信じられませんよね。でもでも、余韻に浸るには『逃げ恥』インテリアなどでご自分の部屋を『逃げ恥』ワールドに近づけて見るのはどうでしょう。きっと、いつも通りの日々が、ちょっと楽しく、愛おしく感じられるかもしれません!!

津崎の部屋の壁掛け時計がシンプルでなんとも津崎らしい!!

『逃げ恥』のドラマの中で、津崎の部屋では実に様々な時計が登場します。
置時計や、みくりが実家から持ってきている目覚まし時計、津崎一人の部屋のシングルベッドの隣に置いてある時計、などなど。
そこで、今回注目したのは、壁に掛けてある大きな時計です。
最終話の最後、引っ越し支度をしているみくりが、段ボールを運んでいた津崎に言います。
「大変!昨日、火曜日だった!」、と。
その時に、津崎が壁に掛けてある大きな掛け時計を見上げるのです。時刻は朝の6時。
「6時間も過ぎている」、と続きます。
「良しとしましょう」
2人で両手を広げあって、みくりの「やあ!」→ハグ!と、続きます。
あのシーンに登場していました大きな壁掛け時計を調べてみようと思いました。
引っ越しのため、ほとんどのものが片付けられてしまった中で、かなりの存在感を放っていました。

また、この時計、第7話でも出てきていますよね。
新婚?社員旅行?の帰り、高ぶってみくりにキスをしてしまった津崎が、お店で数独をひたすら解き、日付が変わるのを狙って帰宅する場面です。
遅い時間まで起きて待っていたみくりに、津崎はその壁掛け時計を指さすのです。
「残業で遅くなるとメールで、」、と弱気な津崎。
「メールは読みました。でも、今日は火曜日なので」、とみくり。
そこでこの時計を指さす津崎。
「あ!たった今、水曜日に!!」、ってな具合です(笑)。
これね、とてもシンプルで、大きくて使いやすそうなんです!!
ガチャガチャ主張はないし、だけど大きくて存在感あるし、しっかりと時間が見やすい。
これね、調べましたよ!そして、判明しましたよ!!

津崎の部屋の壁掛け時計はこれだ!!

見つけましたよ!これだぁ!!

Lemnos MONO Clock ホワイト LC10-20B WH
Lemnos(レムノス)
MONO Clock ホワイト LC10-20B WH

https://www.amazon.co.jp/dp/B004UIT8

サイズ:直径256×奥46mm
重量:800g
材質:アルミニウム、ガラス
原産国:日本
付属品:壁掛け用木ネジ、単3電池1本(テスト電池が付属)電池寿命:1年
時計精度:月差±20秒
使用ムーブメント:ステップムーブメント
時計の枠は高い技術を要するアルミ鋳物、鋳物の産地高岡で製作されている。

モノトーンで、シックな造りがとってもオシャレ!
ブラックとホワイトの2色から選べます。
部屋が片付いているシーンではぐっと存在感を出してきて、目を惹きました。
津崎の世界観を壊さない魅力的な存在でした。
7話のような普段のシーンでは特に強い主張をすることなく、見事に存在感を消し、二人を邪魔しませんでした。うるさくなく、それでいて存在感がある。シンプルなデザインでどんな部屋にも格好がつく。
パッと目をやった時にも、見間違えることがないしっかりハッキリとした無駄のないデザインと色使い。一見、無機質過ぎかな、寂しすぎるかな、そう感じられることもあるかもしれません。
しかし、部屋に置いてみるときっと違和感なく馴染んでいくのではないでしょうか。
一つは欲しい、代物ですよね!皆さんもぜひチェックしてみては?